整骨院

整骨院と接骨院と整体院の違いは

皆さん肩こったから、特に何したわけでもないけど腰痛いから整骨院で揉んでもらうかなんて思ったことありませんか?しかしそれは本当は間違いなんです。整骨院は昔でいうほねつぎです。柔道整復師という国家資格を取得して初めて整骨院として開業できるんですよ。近頃の整骨院では、もみもみマッサージや電気でおわりというところが増えてほねつぎからかけ離れてきています。
ですが実際は、怪我に対して治療をするところです。骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷に対して保険適用内で治療をすることができるのが整骨院なんですね。専門学校や大学で筋肉、骨、神経など専門的な知識を三年以上学んだ上で国家試験を受ける権利が与えられます。要は看護師や理学療法士などと同じで医療従事者です。てことは肩こりや特に理由のない腰痛は本来なら保険適用外になり治療できないことは無いですが、実費で治療しなければならなくなります。
また、接骨院という看板を目にすることもあると思いますが整骨院と接骨院は名前が違うだけで中身は何も違いはありません。対する整体院は、俗に言うマッサージ屋さんです。あんま師という国家資格はありますが、整体院は資格がなくても開業することができます。すべて治療は実費で保険を使うことが出来ないので、窓口では少し高いお金を払ったりしますよね。整骨院でもマッサージが多くなってきて区別がつきにくいと思いますが、実際はこんなに違うんですね。

コンテンツ

最新情報

TOP