整骨院

整形外科と整骨院と接骨院と整体の違い

腰痛を持ってる人って結構多いです。長い間ほっといたら、椎間板ヘルニアになってしまった、なんて人も増えてます。こんな時、通院するとしたらどこへ行くのがベストなのでしょう。レントゲンを撮れるのは、病院である整形外科に行かないといけません。整骨院も接骨院も整体や鍼灸も、医師ではありませんから、医療行為は出来ません。整形外科で見てもらい、痛みの原因を診断して貰います。
診断は椎間板ヘルニアでした。他に異常はありません。この時大体の整形外科は、痛み止めと湿布を処方してくれるだけです。もちろん、軽ければ自然と治りますが、重症だと完治は無理です。今までは、椎間板ヘルニアは、自然完治しないもので、最終的には手術しかないと言われてました。しかし、手術したから再発しないものではありませんでした。長い年数、同じ姿勢を続けた事で発祥するので、また、同じ生活を続ければ再発するのは、当たり前です。
さて、それなら整骨院か接骨院か、はたまた整体に行くべきか、鍼灸がいいのか、わかりません。これらは、どう違うのでしょう。整骨院と接骨院は、実は名前が違うだけで同じなのです。「柔道整復師」という国家資格を持っていれば開業出来ます。捻挫や肩こりなども、治療します。こちらは保健が聞きます。整体はマッサージをしますし、鍼灸は針や灸をします。保健はききません。このような違いがありますから、自分に合うのはどれかを決めて下さい。

コンテンツ

最新情報

TOP